水槽LED照明選びで悩む必要なし、プロショップが開発サンゴ飼育も問題ないコスパ最高LED照明

サンゴを飼育してみたいと思い専門ショップに相談すると、サンゴ水槽の照明は1台10万円以上するものを案内されるかと思います。
高額なサンゴ水槽用LEDライトを購入しないと、サンゴは飼育できないのか?

海水魚・サンゴ専門店アクアギフトの回答は、
高額なサンゴ照明を購入しなくても飼育できます。

サンゴを飼育するLED照明選びで失敗しないため、まずは予備知識をつけましょう。

目次

サンゴを飼育するLED照明選びで失敗しないため、まずは予備知識をつけましょう。

サンゴ水槽で飼育するサンゴの種類と、適切な光の強さの考え方

サンゴ水槽で飼育するサンゴの種類と、適切な光の強さの考え方

強い光が推奨されるミドリイシを飼育しない場合、高出力で高価なサンゴ用LED照明は必要ない

サンゴにも様々な種類が存在しており、鑑賞用では大きな分類として下記の3つのカテゴリに分かれます。
SPS (ミドリイシ、コモンサンゴなど)
LPS (ナガレハナサンゴ、タコアシサンゴ、アワサンゴ、オオバナサンゴなど)
ソフトコーラル(ウミキノコ、スターポリプ、トサカサンゴなど)
SPSの中のミドリイシは飼育難易度が高く、強い光が推奨されています。
ここでは詳しく説明しませんが、飼育スタイルによっても求められる光の強さが違うなど、初心者が安易にミドリイシに挑戦しても、成功率は数パーセントになるでしょう。
LPSとソフトコーラルは、飼育難易度は低く強い光がなくとも問題なく飼育可能です。

珊瑚も飼育できるコスパ最強の水槽LED ミクモル エアープロシリーズ

サンゴの飼育に高額な照明を複数台購入する必要ありません。

水槽幅が60cm以上になると、照射範囲が狭い照明の場合、2台、3台と照明を設置しない水槽の一部が暗くなります。
水槽幅が90cm,120cmの場合、水槽照明だけで10~25万円と高額になる場合もあります。
MICMOL AIR PROは、1台の照明で水槽全体をカバーできるよう設計されており、海水水槽をスタートする初期費用を大幅に抑えることができます。

薄さ16.5mm超薄型ボディーは水景を邪魔せず水槽を引き立てます。

デザイン性を追求し、限界まで薄くした本体はわずか16.5mm
高出力でも冷却ファンを必要とせず、高い放熱性能を実現するため本体にヒートシンクの役割を果たすアルミニウムを採用。
アルミニウムの熱伝導率は鉄の3倍熱を伝え、急速に冷えるという性質を持っています。
 LED照明の故障原因となる熱対策として、本体をヒートシンクとして利用できるアルミニウムを採用。
アルミニウム本体とLEDプリント基板の間に、シリコンサーマルパッドを配置しさらに放熱性能を高めています。

アルミニウムの金属的な質感をより強調し高級感を演出するヘアライン加工を採用

ヘアライン加工は、金属の表面処理加工の一種で、単一方向に髪の毛ほどの細かい傷をつける加工法で、表面にはつや消しの効果が生まれると共に、金属的な質感を強調する効果があります。 また、本体にヘアライン加工を採用したことで、表面積が増え放熱性能も向上。

変則的なサイズの水槽幅でも設置可能です
水槽幅45cm~140cmまでカバー

標準アームの利用でも、幅広い水槽に適合できるようスライド機構を採用しております。
特殊サイズの水槽にも対応。
 Air PRO450は適応水槽:45cm ~ 60cm
Air PRO600は適応水槽:60cm ~ 80cm
Air PRO900は適応水槽:90cm ~ 110cm
Air PRO1200は適応水槽:120cm ~ 140cm 

Bluetooth(ブルートゥース)通信で接続簡単。 スマホアプリiMicMolでLED本体の制御が簡単に

4ch制御でお好みの色合いに調整可能
日の出、日の暮れを演出するタイマー機能を簡単に設定
より細かくLED出力を制御することができるAUTOモード搭載

アルミニウムボディーは腐食に強く、LED照明本体が錆びてしまったりということもありません。

止水域になりやすい水槽底部から水を汲み上げ、オーバーフローボックス内部に流し込む方式を採用。水通りをアップさせます。

ワイドバンドな波長を作るため、十種類のLEDチップを搭載
世界最大手のメーカーEPISTAR(エピスター)社のLEDチップを採用

10種類のLED素子を配置し幅広い波長をカバー 520nm / 470nm / 460nm / 440nm / 420nm / UV / RED / 7000K / 3500K / 12000K
LED出力をフルパワーにした時の、肉眼で見る水槽の色味を追求し、非常に綺麗な色味になっています。

ミクモル エアープロをご利用いただいているお客様

スクロールできます

水槽LED ミクモル エアープロ 商品ラインナップ

サンゴ水槽に最適化された水槽用LED
ミクモル アクアエアー450 56W 適合水槽幅45-60cm

当社水槽ショールームの展示珊瑚水槽でも利用しているモデルです。
幅広い波長をカバーすため、10種類のLED素子を採用
520nm / 470nm / 460nm / 440nm / 420nm / UV / RED / 7000K / 3500K / 12000K
Bluetooth接続によるアプリ制御で操作が簡単。
日の出、日の暮れを演出するタイマー機能を簡単に設定でき、より細かくLED出力を制御することができるAUTOモードも搭載。
寸法:45cm×16.5cm×1.6cm
15,800 (税別)
製品の詳細情報は下記よりご確認ください

サンゴ水槽に最適化された水槽用LED
ミクモル アクアエアー600 84W 適合水槽幅60-80cm

当社水槽ショールームの展示珊瑚水槽でも利用しているモデルです。
幅広い波長をカバーすため、10種類のLED素子を採用
520nm / 470nm / 460nm / 440nm / 420nm / UV / RED / 7000K / 3500K / 12000K
Bluetooth接続によるアプリ制御で操作が簡単。
日の出、日の暮れを演出するタイマー機能を簡単に設定でき、より細かくLED出力を制御することができるAUTOモードも搭載。
寸法:60cm×16.5cm×1.6cm
26,400 (税別)
製品の詳細情報は下記よりご確認ください

サンゴ水槽に最適化された水槽用LED
ミクモル アクアエアー900 112W 適合水槽幅90-110cm

当社水槽ショールームの展示珊瑚水槽でも利用しているモデルです。
幅広い波長をカバーすため、10種類のLED素子を採用
520nm / 470nm / 460nm / 440nm / 420nm / UV / RED / 7000K / 3500K / 12000K
Bluetooth接続によるアプリ制御で操作が簡単。
日の出、日の暮れを演出するタイマー機能を簡単に設定でき、より細かくLED出力を制御することができるAUTOモードも搭載。
寸法:90cm×16.5cm×1.6cm
33,400 (税別)
製品の詳細情報は下記よりご確認ください

サンゴ水槽に最適化された水槽用LED
ミクモル アクアエアー1200 168W 適合水槽幅120-140cm

当社水槽ショールームの展示珊瑚水槽でも利用しているモデルです。
幅広い波長をカバーすため、10種類のLED素子を採用
520nm / 470nm / 460nm / 440nm / 420nm / UV / RED / 7000K / 3500K / 12000K
Bluetooth接続によるアプリ制御で操作が簡単。
日の出、日の暮れを演出するタイマー機能を簡単に設定でき、より細かくLED出力を制御することができるAUTOモードも搭載。
寸法:120cm×16.5cm×1.6cm
39,000 (税別)
製品の詳細情報は下記よりご確認ください

目次